ゾンビのことが分からないからこそ、


この地に屋敷を構え、

そしてゾンビに関する研究を続けているのだというまだ本当かどうかも分からないんだけども、

チョッパーはただでさえ、

ホグバックを尊敬すべきという色眼鏡をかけてしまっているので、

手放しでホグバックの現在の研究を賞賛しちゃっています。
まぁ、

446話でホグバックがしている話はもっともらしい、

善意に溢れた研究の内容や目的の話ばかりなので、

純粋なチョッパーがそれに感動してしまうのも無理はないかもしれないし、

もしかしたらそれが本当の話なのかもしれないから、

今はまだ余計なことはいえないんだけれども・・・。
ただ、

ちょっとおかしいなって思うのは、

チョッパーがサインを求めたあとに研究室を見せてほしいと伝えたらいきなりホグバックの態度が豹変・・・(((・・;)
研究室だけは絶対に覗くなと釘を刺されてしまいます・・・Σ(?□?)!
一体何なんでしょうか?
何かを隠しているんだってことが嫌が応にもここで判明するんだけど、

それもタイミングがいいというか悪いというか・・・シンドリーの出してくれたプリンですっと話が逸らされてしまいます・・・。
結局、

ホグバックが何を考えているのか、

何を隠しているのかっていうことを知ることができなかったんですね?(((・・;)
それが分かればきっと、

もう少し色々分かると思うんですけど。この場所が良い場所か悪い場所か・・・そして、

ホグバックが敵か味方か・・・。
早いとこ分かったほうが、

ナミたちの身の安全のためだと思うんですけど・・・。
会話を続けるたびにホグバックの怪しさがどんどん増していくんですよね?。

ワンピースの話

ゾンビのことが分からないからこそ、 特集

棺に入れられて運ばれている途中にどうにか目を覚まして脱出することに成功したナミ・ウソップ・チョッパーですが、
ナミたちが、
450話で、
突然いなくなってしまったゾロとサンジを探して、
体にヨロイを身につけて、
いきなり目の前に現れた鎧を着たゾンビとちょっと戦って、
ブタゾンビが将軍ゾンビについての情報をルフィたちに教えてくれた後、
とりあえず、
フランキーがロビンが言う、
船に異変が起きていることに気づいて慌てるこの場所が明らかにおかしな場所であると判断したサンジはナミたち3人を助けに船の外へ出ようとするんですが・・・(((・・;)
さて・・・ルフィたちとはぐれてしまったナミ・ウソップ・チョッパーの身に一体何が起きたのでしょうか?
やっぱりこの島おかしいよ!本当にお化けばっかりいるゴーストアイランドなんだΣ(?□?)!
ケルベロスに追いかけられることになったナミたちですが、
ホグバックの屋敷へとついていくことになったナミ・ウソップ・チョッパーの3人。
ホグバックに会えるっていうこと・・・これがね、
さてさて・・・段々とこの森のおかしさにナミたちが気づいて行きますよ?・・・。
明らかにおかしな生物を3人とも見てしまったことで、
突然、
かなりの大人数のゾンビ相手に相当苦戦しているウソップたち3人。
不思議な・・・というよりは不気味な館に入っていくことになってしまったナミ・ウソップ・チョッパーの3人。
皿を投げつけられて、
ホグバックの屋敷に迎えられたナミたち3人・・・ですが、
ウソップがですが、
屋敷の中も既にゾンビだらけで、
しかも、
前回の話の最後で、
何かこうしてみると可愛いかも・・・なんて思うのは私だけ?
やっぱり、
お風呂を出て、
ついに今すぐ出て行こうとしたナミたちに対して、
おかしな生き物に追いかけられて襲われて・・・しかも最終的に暖炉にまで追い詰められたナミたち3人は、
たくさんのゾンビたちから逃げる際にたまたま見つけて入った部屋には、
シンドリーの写真がたくさん飾ってある部屋で、
ブルックの件もありましたし、
森の中を歩いているルフィたちの前に、
ゴーストに思いっきりネガティブにされたフランキー、
とりあえず5人でたくさんのゾンビを一網打尽にして、
ゾンビからナミたちの行方の情報を聞き出したルフィたちは、
相手が誰であろうと、
何かこのスリラーバーク編は、
もちろん、
研究室を覗き続ける何か、
散々ルフィたちを襲ったり、
さて・・・墓場のゾンビをまとめる透明人間のアブサロムもそうですが、
意図せずとはいえ、
サムライ・リューマという名前の通り、
呆気にとられてしまったナミたち3人ですが、
屋敷に到着したルフィたち。
ゾンビたちを全部倒して、
とはいえ、
何かよく分からないけど、
アブサロムが指揮する将軍ゾンビたちが動き出したようですが・・・これ、
イボイノシシのローラっていうゾンビに散々求婚を迫られて、
その理由は、
棺を運ぶリス??のような・・・これもゾンビなんでしょうかね?